【体験談】中国の有名大学のサマースクールにオンライン留学!week1

とうとう始まりました夏期短期オンライン留学!日記形式でオンライン留学のリアルを綴ってまいります〜!

Day1〜重要課題は突然に〜

7/5(月)留学初日。緊張からか朝早く5時前に目が覚めてしまった私。

早めの朝ごはんを済ませ、ドコデモチャイナの映像授業の第1講をまとめ終わった8時半頃に睡魔に襲われ、

ドコデモチャイニーズを受けずに朝寝。無事留学の授業前に起床しました。

15分前にはパソコンで授業のURLを開いて准备完了!

 

授業開始前かつ他の生徒が来る前に入れたので先生と少しお話をしました。

「学生?それとも仕事してる?」と聞かれて、一応社会人学生をしているので「大学生です」と答えたところ、

「何年生?何を勉強しているの?」と聞かれて色んな意味でタジタジ。「通信制大学で中国語を勉強しています」と答えたものの、

通信制大学というシステムが日本独特のものなので、伝わったかどうかは不明…

 

そんなこんなしているうちに、私のクラスは予定していた先生が変わることも、当日URLが変わるアクシデントもなく無事に授業開始しました。

(他のクラスではそういったアクシデントもあったようです。アクシデントもネタにする勢いあってこその留学!)

あれ…日本人の女の子おるやん!!!

どうやら名簿を見るに上級クラスからクラス替えをしてきた様子。なんとまぁ心強いことか。

 

 

本日の授業は京劇(beijing opera)に関する動画・音声を見聞きするのが導入らしい。ふむふむ。

そして語法(文法)や新出単語に入って…えっ早速ブレイクアウトルームで1対1で文を作ったり意見交換をするの?

正しい文法かどうかはさておき、なんとか切り抜けました。

新出単語に関しては、音読して先生が発音を直してくれるのでとても勉強になりました。

 

でもそのほかの説明などの「話」の速度がとても速い(ほっけっけ比)!老师说得很快!

そして確かに教科書にはピンイン(日本語でいうところのフリガナ)が降ってあるけど、

先生のパワーポイントにはピンインなど一切振っていない!ここは聞いていた話と違いました(アクシデントも楽しんでこその留学です)。

 

授業が終わってから、「明日は今日の新出単語の听写(ディクテーション、書き取り)のテストをやるよ、

そして木曜日までに『自分の娯楽と国民的な娯楽についての中国語字幕付きのVlog(動画)』を用意してね〜」と連絡が。

 

Vlog作成は3月に天津外国語大学のオンラインプログラムで経験済みだったので、

その時の経験を頼りに午後いっぱい使って何とか仕上げました。

でもこんな重要課題が毎週出るかも…いやはや考えただけで頭がクラクラしちゃいます。

確かにこれはドコチャイアドバイザーのyoumeiさんのいう通り「授業時間と同程度の自学時間」を確保しないとついて行くのが難しいなぁ。

Day2~授業の進度が早すぎる件〜

7/6(火)本来の予定ならば1週間で1単元、1ヶ月で4単元教科書を進めるはずなのになんと今日第1課が終わってしまいました。

新出単語の説明と、重要文法を使ったペアワークでの作文をした後、教科書の本文はサラッと読んだだけ…あれ?

1課が終わると大きな宿題が待ち受けています。

恐る恐る宿題を開いてみたら、なんということでしょう!課題は全部記述式で、しかもほとんどが教科書の本文読解した内容を

(当たり前ですが)中国語で論述・作文しなければなりません!宿題の画面はこんな感じです。ぴえん。

 

Day3
〜先生の話す中国語が日に日に早くなっている〜

7/7(水)はい本日から第2課に入りました。

単語力・文法・声調ともに壊滅的な私は作文した文章を言っても伝わらず、ついに先生から

「ごめん、チャットで打ってくれる?」と言われてしまいました…

そしてチャットで打った文章も間違えていたのでもうどうしようもありません。

疲れてはいましたが、かろうじて授業後の復習は新出単語まとめをしました。

教科書には新出単語の意味が英語でしか書いてないので、私は新出単語と文法をGoogleスプレッドシートにまとめています。そのリンクはこちらです。安心してください、危ないリンクじゃありません。

 

授業後はこの作業をやってからアーカイブ1.5倍速(わからないところは1.25倍速や一時停止)で見てノートまとめをしています。そのほうが頭に内容がスッと入ってくる気がします。再生速度を上げているのは中国語のナチュラルスピードに耳を慣らすためです。

ノートはiPad派で、アプリはgoodnotes5を使っています。普段の听写や映像授業・どこでもチャイニーズのノートもこのアプリでとっていて、すごく便利なアプリです。

以下のように授業の内容の他に、自分で調べたことなども書き込んでいっています!

 

Day4〜クラスメイトから電話?!の巻〜

7/8(木)木曜日の授業は实践课といって、いつもの授業とは違います。

今回は宿題だった個人と国民の余暇活動に関するvlogを全員分鑑賞した後、

3人から4人でグループディスカッションを行いました。

私のグループはお酒のおつまみの話題で盛り上がりました♪

日本酒には焼き鳥・焼き魚・刺身ですよね?(異論は認めます)

韓国ではビールにチキンが定番なんだそう。それ「愛の不時着」で見た見た!!


みんなのvlogは本当にどれも完成度が高くて感動しました。

私のVlogはこちらからご覧くださいませ。

今日一番衝撃的だったことは、授業中に韓国人のクラスメイトから突然電話がかかってきたこと!

めちゃくちゃ焦りましたが、電話越しには流暢な日本語が。

話を聞くと、听写のテストのことで聞きたいことがあったけど他の韓国人のクラスメイトには電話ができなかったとのこと。

確かにWechatで友達追加しないと電話はできませんからね〜。私は初日にクラス全員を友達追加しました(笑)

そして彼女は日本に6年間留学していた経験があることが判明。

その上で国際結婚して中国に住んでるってちょっと強すぎない?????

トリリンガルってことですからね!世界は広いわ〜。

「何かわからないことがあったら私はいつでもあなたを助ける事ができます」って言ってもらえて嬉しかった!

友達が一人増えた気分でした!リアルに会ってみたいなぁ。

 

Day5
〜お腹を壊してもアーカイブがあるから安心よ〜

7/9(金)昨日の夜はロシャオヘイ戦記のDVDが届いてウッキウキで夜な夜なDVD鑑賞を楽しんでしまい…

なんと寝不足からかお腹を壊すという事態に…(自業自得)

なのでグループチャットで連絡をして、授業を途中退席しました。(先生ごめんなさい)

今日の授業はwechatのミニプログラムを使って麻雀や中国のトランプゲームを体験するという内容だったのでリアルタイムで参加したかったです(涙)

午後になってお腹が落ち着いてからアーカイブを見てめちゃくちゃ楽しそうでした。

そして先生からもこんな連絡が。

 

どんだけ優しいん…中国人大好き…

 

というわけでなんやかんやでオンライン留学の4分の1が終わってしまいました!

いや〜今後も参加したいなぁ、HSKの奨学金応募しておけばよかったなぁと思っていたら

先生からオンライン留学の奨学金に関する連絡が!

詳しいことはyoumei先生がこちらの記事で詳しくかつ日本語で解説してくださっています。

 

私はHSKを受験した事がないので(致命的)、今回の募集要件には当てはまりませんでした!!ぐやじい!!

日本人なら昼間働いていたり学業で忙しかったりする人も夜の部で参加する事ができます。

HSKのスコアをお持ちの方は今回の情報は要チェックです〜!!!!!

 

1ヶ月で46000円の留学するより3ヶ月で20000円の留学したほうが断然お得じゃん〜〜〜〜!!!!

ぐ!や!じ!い!悔しいよぉ〜!この悔しさを今後の勉強やHSK対策にぶつけていきますぞ!(切り替え)

\オンライン留学についてもっと知りたい!/

この記事を書いてくれたのは

ほっけっけ(@atka_mackerel_f)

ほっけっけ(@atka_mackerel_f)

2018年福島大学卒業。在学中の第二外国語はロシア語、専攻は教育学・人文地理学。小学校・中高社会科の教員免許取得済。在学中にJENESYS 2015プログラムで2週間の台日交流事業へ参加し、中国文化へ興味を持つ。就職に伴い2018年4月より北海道在住。「中華圏インバウンドのお客様への応対ができるようになりたい」という思いから、2020年1月より独学で中国語学習を開始。2021年3月中国語検定準4級・4級W合格。
人生を見つめ直し、中国語教員免許状を取得にトライするため2021年4月より佛教大学通信課程の科目履修生として奮闘中。独学での文法学習に限界を感じてドコデモチャイナの門を叩いたがどうなることやら…?!学習記録はブログをcheck!

2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です