【体験談】中国の有名大学のサマースクールにオンライン留学!week3

短期のオンライン留学もあと少し、ほっけっけです。

最近「ほっけっけのブログが面白い」と一部中国語界隈にてご好評をいただいているようで…筆者冥利に尽きます。ありがとうございます。

でも私はこれまで通り面白かろうがつまらなかろうが一切忖度せず自分の書きたいものを書きたいように書き連ねてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!(ここまでテンプレ)

Day11〜今日は初めて「通じる中文作文」ができた日〜

7/19(月)土日はドコデモチャイナの映像授業を進めたり、SAOの映画DVDを見たり、美味しいご飯を食べたりしてリフレッシュ。

オンライン留学に関することはできるかぎり月曜日〜金曜日の間で終わらせることにしています。

そして迎えた第3週目。今日から新しく第4単元に入りました。

今日も盛りだくさんの新出単語に、文法事項「其实」(実際には…、実のところ…)を勉強しました。

そして写真から文章を作成するペアワーク。今日は6題もあってなかなか大変でした。

しかも今までは作文してもなかなか通じる文章や前後関係の整った文章が作れず、沢山発表してはその度に老师には「啊?什么?什么意思?诶?不是不是这个~」と手直しをさせてしまっていました。

しかしここまで根気よくチャレンジし続けた甲斐あって、今日は老师に「嗯,非常好!」と言わせることができました!やったー!

このオンライン留学で初めて自信がついた、忘れられない瞬間のひとつになると思います。

そして、今日は授業の最後に「今週の金曜日に今回のプログラムに参加している学生を対象とした交流会があるからテーマについて発表する2人の学生を選出しなければいけない」といわゆる学級会のような雰囲気に。

誰もやりたがらないので、このままでは授業が終わらないと感じた私は「先生、私やります」といってしまいました…チーン。

テーマはネットスラングから派生した中国での概念「内卷(過当競争の中で頑張る人々を指す言葉)」と「躺平(競争からは距離を置き、自分のライフスタイルを大事にする人々を指す言葉)」について説明したのち、自分はどちらを選ぶのか、なぜその選択をするのか、といったことを10分程度で話すというものです。いやぁ難しい〜!!!!

でもこれで逆に木曜日の実践課での発表は無くなったので、早速準備を進めていこうと思います。

Day12〜そういえば期末試験っていつ?!問題〜

7/20(火)今日もトラブルなく授業を受けて、お昼寝でパワーチャージした後、LINEグループでおしゃべりを楽しんでいました。

その中でこんなやりとりがありました。

…そういえば期末テストがいつなのか、どんな環境でやるのか聞いてないわ私。

そうとなったら老师に聞いてみよう♪と思って聞いてみた返答がこちら。

来週の金曜日!最終日に期末テスト!しかもまだ第4単元終わったばっかりなのに第6単元までが範囲!ひえぇ…中国って連絡が直前になるイメージがありますが、でもこうやって先生方との距離が近く、聞けばなんでも教えてくれて助けてくれるところがすごくいいところです。積極的な学生のことは(私のように出来が多少悪くても)見捨てずに面倒を見てくれます。

まぁ逆に先生のモルモットとして使われることもありますが…えへへ。(完全なる余談ですが、この後「秋学期の授業で違うアプリ使おうか検討してるんだけど、未未試しにダウンロードしてみて。そして登録の手間がどんなもんか教えてね〜。」なんて連絡も来ました。笑 もちろん毎日お世話になっている先生なので、喜んで協力しましたよ!)

Day13〜そろそろネタが尽きてきた件〜

7/21(水)そろそろオンライン留学レポートに書くことが尽きてきました笑

なので、今日は非常に唐突ではありますがオンライン留学にあると便利なアイテム・必要不可欠なアイテムを紹介していこうと思います。

 

☆三種の神器☆

・PC:授業を受けるぶんにはMacでもWindowsでもOK。ただし、オンライン留学先の団体受験でHSK居家考试を受ける場合はMacはNG。

・スマホ:連絡用に必須。wechat(中国版LINE)も必須。

・スマホやクラウドの空き容量:古いスマホ・PCの人は買い替えも要検討

この3つがなければオンライン留学において人権はないと考えても過言ではないと思っています(超絶個人的な意見です)

 

あると便利

・iPad:教科書や資料を見るのに大画面で見れてとても良い。

・apple pencil:ノートをデジタルでとれる。めちゃ便利。感動。

・ノートアプリ:goodnotes5(980円)やOneNote(無料・app内課金有)

・イヤホン:ワイヤレスだと少々席を外すときに耳だけ参加できて便利。

 

 

 

+αであったら理想的

・自分の部屋:授業はできるだけノイズの少ない環境で参加しましょう。

 

オンライン留学が始まってから買ってよかったものといえば、ズバリDDカード。

DDカードとはホテルで良く見る、ドアノブに引っ掛けるタイプのカードです。

勉強中(自分の部屋へ入室を禁止する時)はこう、

休憩中・入室OKな時は裏返して、こう。

私はパートナーと二人暮らしなのですが、パートナーの出勤時間と私の授業終了時間がギリギリ被ったりして…DDカードを導入する以前の第1週目は「イヤホンをほっけっけの部屋にわすれた!」とか「行ってきますの挨拶」により若干の授業妨害を受けました(笑)また、それ以外にもオンライン留学関係なく、以前から「ほっけっけはオンラインで色々やっていることが多いけど、いつ部屋に入って良いのかダメなのかタイミングがわからない」と言われ続けていたのですが、このDDカードで全解決しました。今はAmazonや楽天などの通販サイトでお好みのデザインのものを選べるから、とっても良い時代になりましたね〜〜!!!!

 

Day14〜金曜日の発表資料、再提出を喰らうの巻〜

7/22(木)今日の授業は実践課!私が1週間で一番大好きな授業!

今回は自分の国のお祝い事や祭日についての発表でした。

今日、私とインドネシア人の同学は明日の発表に備えて今日は発表なし。

私的に一番びっくりしたのは、韓国では引っ越しをしたらジャージャー麺を食べるという文化!

日本では家を建てるときに餅を巻くとか、引っ越した人が菓子折りを持って近隣にご挨拶をする(もう古い?)とかそういう文化はあるけれど…と思いました。

 

さぁ、明日の日本時間17時に迫りました自分の発表。

月曜日からずっと準備をしてきて、発表資料第1弾は水曜日に提出しましたが、案の定ボツ。

「パワーポイントは文字を少なくして、言葉を入れるならキーワード的なものに絞って!」と至極当たり前なご指摘をいただき…

でも中国語学習歴1年半で流暢に話せなくて「通じない」ことを考えたら、念のためにでも文字を入れておきたい私…

日本語でのプレゼンは割と大丈夫なんですけどね。やっぱり母語じゃない言葉でプレゼンテーションをするのは大変です。

Day15〜授業は心ここに在らず、課外サロンは緊張しまくり〜

7/23(金)今日の授業は拓展課で、「亜健康」についてちょろっと学習しました。

中国では「病気ではないが健康とは言えない状態の人」のことを亜健康というんだそうです。へぇ。

今日の授業に関しては心ここに在らず状態で受けてしまったので先生に申し訳ない()

授業後に30分間、夕方の課外サロンの発表に向けた先生からの指導が入りました。

突然だったので別件をキャンセルしなくてはならなかったのは痛手でしたが、パワーポイントなども手直しをいただいてなんとか発表に臨める形となりました。

そして日本時間17時から課外サロンがスタート!

まずは中国の先生からの発表でした。中国の先生からの内卷・躺平に関する中国の状況の発表はさすがとしか言いようがありませんでした!

そしてインドネシア人で現在は中国在住歴4年のNiaの発表。こちらもいつも通り流暢な中国語での発表でした。

最後に私の発表…発表原稿をつぶ読みするのが精一杯でしたが、今の持てる力は出し切ったと思います。

私の今回の発表資料には個人情報がたくさん載っているので全部は見せられませんが、一部だけチラ見せしちゃいます!

私はこのサロン活動を通して、自分の考えを淀みのない中国語で話せる様になりたいと思いました。そのためにはいろんな単語も発音も知らなくちゃいけないし、つまらない暗記の作業だって必要だし、文法事項だって知らなくちゃいけないし、やるべきことがたくさんあります。その様な力は一朝一夕に身につくものではなく継続的なインプットとアウトプットが必要なこともわかっています。それでもそうなりたいと思わせてくれたのは、一緒に頑張る仲間と、厳しくも熱心にご指導をくださる先生に出会えたからだと思います。この想いを忘れることなく、オンライン留学最後の1週間、頑張ってきたいと思います!それではまた来週!

\オンライン留学についてもっと知りたい!/

この記事を書いてくれたのは

ほっけっけ(@atka_mackerel_f)

ほっけっけ(@atka_mackerel_f)

2018年福島大学卒業。在学中の第二外国語はロシア語、専攻は教育学・人文地理学。小学校・中高社会科の教員免許取得済。在学中にJENESYS 2015プログラムで2週間の台日交流事業へ参加し、中国文化へ興味を持つ。就職に伴い2018年4月より北海道在住。「中華圏インバウンドのお客様への応対ができるようになりたい」という思いから、2020年1月より独学で中国語学習を開始。2021年3月中国語検定準4級・4級W合格。
人生を見つめ直し、中国語教員免許状を取得にトライするため2021年4月より佛教大学通信課程の科目履修生として奮闘中。独学での文法学習に限界を感じてドコデモチャイナの門を叩いたがどうなることやら…?!学習記録はブログをcheck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です